学生がクレジットカードを作る時に覚えておきたいポイント

クレジットカードは18歳以上であれば学生でも作ることができます。ただし、キャッシング機能は20歳以上にならないと使えないので、未成年の場合はショッピングでのみ利用できるカードになります。高校生は18歳以上であってもクレジットカードを作ることはできません。

未成年がクレジットカードを作る時には保護者の同意が必要です。未成年が勝手に結んだ契約は保護者が後からいつでも解除できるという法律があるので、勝手に申込んだのではないことを証明する為です。

20歳以上の成人の学生が申込む場合、もちろん保護者の同意は必要ありませんが、本人自身にアルバイトなどで相応の収入がないと作ることはできません。未成年の場合は保護者の収入を元に契約を行えますが、成人になると学生とは言えど立派な大人なので、本人自身で支払いが行えることがクレジットカードを作れる条件です。
この場合は利用限度額こそ少なくなりますが、それほど審査が厳しいという訳でもないので、きちんとしたアルバイト先があればまず問題はないでしょう。

また、20歳以上の場合は不要だと断らない限り、キャッシング機能が付いたカードになることがほとんどです。このキャッシング機能はカード全体の利用限度額の中で、設定されたキャッシング枠の分までは直接現金の借り入れにも利用できるという便利な機能です。
例えば利用限度額が30万円でキャッシング枠が10万円のカードの場合、10万円までは現金の借り入れにも利用できますが、この10万円という枠は独立している訳ではないので、30万円全てをショッピングで使っても構いません。特に学生の場合はちょっとしたお金に困った時にはこのキャッシング枠をうまく使うと、更に便利にクレジットカードを利用できるでしょう。

JAL学生専用カードでお得に!普通のJALカードとの違いは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です